【2016】安くて楽しい車はこれ!おすすめスポーツカーをご紹介

2017/07/04

sportscar

ホンダ・シビックType RがニュルでFF車最速!だとか、ポルシェもライバル視する日産・GT-R!だとか、すごい謳い文句があちこちで見られます。

が、前者は428.0万円、後者は1,058.7万円(プレミアム・エディション)です。

筆者を含めた一般的な人にとっては、この値段を見ただけで”スポーツカーは高いから無理”、とハナから諦めてしまうのではないでしょうか?

ということで今回は、安くても楽しめるお手軽なおすすめスポーツカーをご紹介します。

 

スポンサードリンク


 

今のスポーツカーは安くて楽しい車種が少ない?

まず初めに、昨今のスポーツカー事情について見てみましょう。

 

今、市場を賑わせているスポーティカーというのは、大半が2,000CCオーバーのエンジンを積むか、200万円を超えるものばかりです。

確かに、こういった車を持てば、所有欲は満たされることでしょう。しかし、一体何パーセントのオーナーがその車を本当の意味で乗りこなせるのでしょうか。

 

スポーツドライビングを「楽しさ」に基準を置いて見る場合、カタログ値の馬力や0-100km/hが何秒などという数値は関係ありません。

それよりも回頭性の良さ、アクセルの付きの良さといったレスポンスなど、体感値としての心地よさが重要です。

 

また、通常のユーザー、特に若い人であれば、数百万円を車に注ぎ込みたくはなく、また、1台の車でスポーツドライビングをし、友人・彼女との外出、通勤や買い物など、マルチパーパスに使いたいはずです。

今、話題となっているスポーティカーというのは、そういう意味でも、かなりニッチなのでは…‥などと筆者個人的には思ってしまいます。

安価で便利、そして楽しめる車は、現在あるのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

ひと昔前は安くて楽しいスポーツカーが沢山

MARCH-R

80年代後半~90年代辺りのスポーティカー市場というのは、もっと活況で、各社レベルに合った車種が用意されていました。

もちろん高級車の部類ではホンダ・初代NSX、日産・スカイラインGT-R、トヨタ・スープラなどがありましたが、エントリーモデルにも色々面白いのがありました。

 

トヨタ・スターレットEP82(1989-1995)は、お買い物仕様のモデルであってもベース車となるポテンシャルを持ち、日産はマーチ・スーパーターボ(1989-1991)という文字通りスーパーチャジャー+ターボを積んだモデルが、ラリーで好成績を上げました。

 

FR車はすでにワンランク上からしかありませんでしたが、お洒落かつ楽しい日産・シルビアが筆頭モデルでした。

エントリーモデルならば、バイト代を貯めれば何とか買える、という夢もあったと思います。

 

スポンサードリンク


 

現在の安くて楽しい・面白い車は?

さて、それでは現在の選択肢の中で、安価で便利、そして楽しめるモデルを…となると、キーワードは「モータースポーツ仕様」です。

 

まず出てきたのはトヨタ・86 RC/スバルBRZ RAです。標準車から、取れるものはすべて取り去って値段を下げた、という感じです。

t_86

走りを左右する特別装備は特にありません。お値段はそれぞれ、199.0万円/205.8万円です。

ただし、ストック状態ではエアコン無し。BRZ RAのみ、OP扱いで取り付けることができ20万円アップです。

4人乗れてFR駆動は魅力ですが、まだどうも高いですね。

 

マツダも「モータースポーツ仕様」を用意してくれました。その一つが、ロードスターNR-A

roadster

エンジンは他のモデルと同様の1.5Lですが、エアコン、トルセン式LSD、ビルシュタイン車高調など、気をそそられる装備が付いてて264.6万円です。

なかなかのスペックですが、こちらはふたり乗りなので、用途がかなり絞られます。

 

ちなみにロードスターは2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

関連記事|日本カーオブザイヤー2016は『ロードスター』に決定!マツダ栄光の2連覇!

 

 

オススメスポーツカーはこれ!

トヨタ・86 RC/スバルBRZ RAや、ロードスターNR-Aも良い車なのですが、まだ価格が少し高めですよね。

でももっと安くて楽しめる車が実はあるんです。

それが、マツダの「モータースポーツ仕様」の2車種目、デミオ15MBです。

 

demio

エアコンとアルミホイールを履いているくらいで、走りに関する特別装備が付いている訳ではありませんが、マツダ車が持つスポーティなハンドリング、1.5リットルDOHCエンジンと6MTだけでも、ベース車両としては十分!

街乗りでも苦もなく使えそうです。それでいて気になる価格は150.0万円~。安いですね!

 

そして、150万円、と聞いて同じ価格帯の車がもう1台あったような…と思ったら、やはりありました!スズキ・アルト・ワークス(150.1万円・2WD車)です。

altoworks

こちらは軽自動車という制約の元で作られているので、絶対的なスピードではデミオには敵わないでしょうが、標準でクロスミッションまで搭載されたスズキ渾身の作です。

 

以上、オススメの2車種ですが、デミオ15MBなら足廻りの変更くらいで、そしてアルト・ワークスはそのままでも十分楽しめる、面白い車だと言えます。

このクラスの車両は「ホット・ハッチバック(ホットハッチ)」と呼ばれる類のもので、持っているパワーを全開で使いつつ、軽さを武器にヒラリヒラリと駆け抜ける、1200kgオーバーの車にはない楽しさを持っています。

そんな車を敢えて選ぶ玄人っぽさも、なかなか良いと思いますが、いかがでしょうか?

 

そんなお手頃なおすすめスポーツカーですが、中古車であれば更に安く購入できます。

おすすめはガリバーの中古車検索。気になる車を無料で探せるだけでなく、知名度が高いので購入時も安心です。

>> ガリバーの無料中古車検索はこちら <<

 

中古で購入すれば浮いたお金でカスタムすることもできるので、一石二鳥です。

新車に強いこだわりがなければ、安くて状態の良い中古車を購入するのがベストでしょう。

 

スポンサードリンク


 

車関連のおすすめショップはこちら

以下はカー用品を取り扱っている当サイトオススメのショップ一覧です。

 

タイヤ関連
安心のタイヤ通販【オートウェイ】

 

バッテリー関連
車・バイク用【激安バッテリー市場】

 

エンジンオイル関連
高品質×低価格【TAKUMIモーターオイル】

 

中古車査定関連
愛車を無料査定!【ユーポス】

どのショップも定期的にセールやキャンペーンが行われている場合がありますので、チェックしてみてください。

 

スポンサードリンク


 

最後までお読み頂きありがとうございます!

このブログに貴重なお時間を使って頂いて、とても嬉しいです。

この記事が面白かった・役に立ったという方は、是非ツイッターやフェイスブックでシェアしてくださいね!

また、ブログランキングにも参加しましたのでクリックしてもらえると喜びます。

それではまた是非遊びに来て下さい!ありがとうございました!

 

-