その他

イチロー ついにタイ・カッブ超え!日米通算安打数で歴代2位に

2015/12/19

ichiro

 

日米通算安打数2位も、見据えるのはさらに先の記録か

メジャーリーグマーリンズ所属のイチロー選手(41)が現地15日(日本時間では16日)、セントルイス・カーディナルスとの一戦に2番ライトで先発出場し、第1打席に見事ライト前ヒットを放ち、日米通算のヒット数を4192として、「球聖」と呼ばれたタイ・カッブの記録を抜き、ヒット数歴代単独2位になりました。

これで、ピート・ローズの持つメジャー歴代安打数記録4256まで残り63本まで迫り、いよいよ記録達成が現実味を帯びてきました。

 

スポンサードリンク


 

偉業達成に敵地からも惜しみない歓声

1回の第1打席、相手ピッチャーは、過去の対戦で打率2割9分6厘(115打数34安打)のラッキー投手。

これまでに最も対戦回数の多い右ピッチャー相手に、イチロー選手は、1ボールからの2球目、148キロの速球を目の覚めるような見事なライナーでライト前に弾き返しました。

一塁ベースへ向かうと、敵地であるにも関わらず、観客がスタンディングオベーションで偉業を祝福するという感動的なシーンが見られました。

それに対し、イチロー選手はあくまで謙虚に右手でヘルメットを取り、スタンドを見渡しながらファンに感謝の意を伝えました。
イチロー選手の偉業には、球界関係者からもコメントが届いています。

日本プロ野球歴代1位の安打記録3085本を持ち、現在は野球評論家の張元勲氏(75)も、16日に出演したTBS「サンデーモーニング」の中で、メジャー歴代1位のピート・ローズの記録を超えられるかとの質問に「これはいけるでしょう。来年には」と答え、記録達成に太鼓判を押した形となりました。

また、 イチロー 選手が所属するマーリンズのダン・ジェニングス監督(54)も「彼は将来の殿堂入り選手。

それははっきりしている。人々がカッブやローズの名前を口にするように、これからはイチローも同じ領域の中で語られていく」と独特の言い回しで賛辞を送りました。
 

スポンサードリンク


 

まとめ

現在41歳のイチロー選手。

稀代のヒットメーカーにも、にわかに衰えを指摘する声も上がり始めています。

そんな中、その周囲の声を払拭するかのような今回の偉業達成は、ファンたちに「イチロー健在」を強く印象付ける結果となったのことでしょう。

今後も、イチロー選手が球場で躍動する姿を一日でも長く見続けられることを期待したいですね!

 

スポンサードリンク


 

最後までお読み頂きありがとうございます!

このブログに貴重なお時間を使って頂いて、とても嬉しいです。

この記事が面白かった・役に立ったという方は、是非ツイッターやフェイスブックでシェアしてくださいね!

また、ブログランキングにも参加しましたのでクリックしてもらえると喜びます。

それではまた是非遊びに来て下さい!ありがとうございました!

 

-その他