iPhone関連

iPhone 6s / 6s plus の容量を増やす!?3つの裏ワザ

2015/12/19

iPhone 6iPhone 6s / 6s plus でどの容量を買おうか迷っている人は多いのではないでしょうか。
16Gは少ないし128Gだと多い、でも64Gだと中途半端・・・。
今回はそんな悩みを解決出来るかもしれない、iPhone 6s / 6s plus の容量を増やす!?3つの裏ワザをご紹介します。

 

 

裏ワザその1:容量+1000Gも!?『クラウドストレージ』で外部に保存!

iPhone 6s / 6s plus容量を増やす!?裏ワザその1は、『クラウドストレージ』を使用することです!

クラウドストレージとは、AppleやGoogle等各社が提供している、オンラインで使用できるデータ保存スペースサービスのことです

わかりやすく言うとPCで使用する外付けハードディスクのようなもので、各社が提供しているハードディスク(スペース)にネット上からファイルやデータを保存したり、逆に自分の端末にコピーや移動したりできます。

"クラウド"という名前の通り、アカウントを持っていれば、他のスマホやPCからそのアカウントのデータを共有して使用することもできます。

外出先でスマホでクラウドに保存した写真や動画を、自宅のPCで閲覧・編集が出来るということですね。

 

注意点は、ネットに繋いでいない(=オフライン)ときは使用できないということです。

ただ、これはPCなら別ですがスマホで使用する場合は基本的にモバイル回線で接続されていますので、機内モード等になっていないかぎりは問題無いと思います。

 

さて、このクラウドストレージ、実際探してみるといろいろな企業から出ています。

iPhoneユーザーなら既に使用している方も多いかもしれませんが、Appleの『icloud』もその一つです。

Googleが提供している『Googleドライブ』は、無料で使える容量としては業界では随一の15GBとなっています。

各社無料で使用できる容量やサービス価格、サービスの仕様等が違いますので、いろいろ調べてみて自分にあったものを使うとよいでしょう。

ちなみに個人的におすすめするのは『Dropbox』というクラウドストレージです。
 

スポンサードリンク


 

裏ワザその2:写真がたくさんある人は『Googleフォト』で解決!

iPhone 6s / 6s plus容量を増やす!?裏ワザその2は、『Googleフォト』を使用することです!

『Googleフォト』は裏ワザその1で紹介した『クラウドストレージ』と仕組み的には同じようなものなのですが、このサービスの特徴はなんといっても、保存できる写真の枚数(容量)が無制限ということです!

これってかなり凄くないですか!?

普通こういったサービスに限らず、例えば無料のアップローダーだったりLINEのトークに貼り付ける写真だったり、サーバーの容量を大きく使用するものについては制限があるか、もしくは一定期間で古いものから削除されていったりするものですよね。

でも『Googleフォト』ではそんな心配は無用なんです!

ただし注意点として『高品質(無料・容量無制限)』にすることと「モバイルデータ通信を使用して写真(動画も)をバックアップ」はオフに設定されているか必ず確認しましょう。

この2つが設定されていないと、保存できる容量が15GB(Googleドライブの無料スペース)になるのと、パケット量が無駄に増えてしまいますので注意して下さい。

 

ちなみにこの『高品質(無料・容量無制限)』、写真のサイズが1600万画素以下までとなっており、それ以上のサイズになると自動的に圧縮して保存されてしまいます。

しかし、圧縮も上手く行われているのでほとんど劣化しないということと、またiPhoneであれば最大でiPhone6s plus の1200万画素までの写真しかとれませんので、全く問題無いです。

写真や動画で容量がパンクしてしまう人は、このアプリ一つで全て解決ですね!
 

スポンサードリンク


 

裏ワザその3:使わないアプリや音楽は削除!欲しくなったら再ダウンロード!

iPhone 6s / 6s plus容量を増やす!?裏ワザその3は、使わないアプリは削除するということです!

裏ワザでもなんでもないやん!と突っ込まれそうですね、すみません!

ただ、突き止めると最終的には不要な・使わないアプリや音楽(もちろん写真等も)は削除するのが一番の容量解消になります。

というか、いくら追加で容量が増えても不要なデータを削除しないと、いつかは容量がパンパンになってしまうし、iPhoneの動作も重くなってしまいます。

わかりやすく言うと部屋を片付けていないのと同じです。

部屋にゴミが溜まっていったら、普通は掃除してゴミを捨てますよね?いっぱいになったからといって部屋を増築する人なんていないと思います。

これと同じことです。

 

ちなみにあえて裏ワザのようなものを言うとすれば、購入したアプリや音楽は、削除しても再ダウンロード可能ということです。

なので、もし何ヶ月も使っていないアプリや聞いていない曲があるなら、思い切って削除して、もしまた使いたくなったときに再ダウンロードすればいいだけなんです。

これ、意外とやっていない人多いんじゃないでしょうか?
 

スポンサードリンク


 

裏技を上手く活用して、本当に必要な容量の iPhone 6s / 6s plus を購入しよう

ということで、iPhone6s / 6s plus の容量を増やす!?3つの裏ワザをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

既にわかってるよ!とかもうやってる!なんて人もいると思いますが、恐らく容量で迷っている人はそこまで詳しくない初心者の方が多いと思って記事にしてみました。

 

ちなみに筆者のおすすめは、中途半端な64GBです。

32GBがあればよかったんですが、16GBだとやはり少ないし、128GBだとぶっちゃけそこまで使わないです。なので64GBです。

一般的な使い方であれば、64GB+今回の裏ワザを利用すれば、容量がいっぱいになるころにはきっと機種変更していると思います(笑)

 

是非この記事を参考にして、自分に本当にあった容量の iPhone 6s / 6s plus を購入して下さい!

 

-おすすめ記事-

iPhone 6s / 6s Plus 対応 おすすめ モバイルバッテリー はこれだ!

iPhone 6S / 6S plus のおすすめケース&カバー!お洒落で個性的!

iPhoneの都市伝説!siriに子供の話をすると・・・これは怖い!

iOS9広告ブロックアプリ『1Blocker』は『Crystal』よりおすすめ!
 

スポンサードリンク


 

最後までお読み頂きありがとうございます!

このブログに貴重なお時間を使って頂いて、とても嬉しいです。

この記事が面白かった・役に立ったという方は、是非ツイッターやフェイスブックでシェアしてくださいね!

また、ブログランキングにも参加しましたのでクリックしてもらえると喜びます。

それではまた是非遊びに来て下さい!ありがとうございました!

 
photo by:

-iPhone関連
-