iPhone関連 ガジェット

4インチの小型iPhone6、『iPhone6C』が2月に発売?スペックは?

iPhone 6

Appleの新型iPhoneの情報です。

現在販売されているiPhone6シリーズに、小型モデルとなる『iPhone6C』が加わるというニュースが広まっています。

iPhone6シリーズは「大きすぎる」という人にとっては朗報ですね!

今回は小型のiPhone『iPhone6C』の発売日やスペック等の詳細について調べてみました。

 

『iPhone6C』は「6S」じゃなく「6」の廉価版?

iPhoneは6からその液晶サイズを4インチから4.7インチに、Plusでは5.5インチまで拡大しました。

今回話題になった『iPhone6C』は、そんな画面の大型化ブームに対しての「小型化が良い」というニーズに合わせて開発されていると噂のモデルです。

 

画面がiPhone5時代の4インチにサイズダウンしているのが大きな特徴で、その他は基本的にはiPhone6シリーズと共通のようです。

ただ、iPhone6S/6S plusシリーズに搭載されている新機能の「3D Touch」は非搭載とのこと。

やはり小型化に伴い、内部に搭載できる機構・システムに制限が出てくるという事と、iPhoneの"C"シリーズは基本的に廉価版という扱いなので、コスト的にも機能を削る事になったのかもしれません。

 

また、廉価版ですので外見はアルミではなくiPhone5Cシリーズと同じ樹脂製になる可能性が高いです。

 

ただ、これまでiPhone5シリーズを使っていた方に取っては、同じ4インチの小型サイズでスペックアップしたモデルが出ることになるので、非常に魅力的かもしれませんね!

 

スポンサードリンク


 

気になる『iPhone6C』のスペックや発売日は?

さて、そんな『iPhone6C』ですが、気になるスペックの詳細や発売日はいつになるのでしょうか?

現時点で噂されている情報は以下の通りです。

 

  • A9プロセッサ搭載
  • ストレージは16GBから
  • 2GB RAM
  • バッテリーは1,642mAh
  • NFCチップ搭載
  • 3D Touch非サポート
  • 価格は450ドル
  • 発売日は2016年の2月頃

 

やはり6シリーズの廉価版と言った感じですね。

ただ、個人的に「3D Touch」非搭載ということ以外にも気になるのが、ストレージ容量とバッテリー容量の低下です。

 

ストレージは容量は16GBからということで、現行の32GBよりも低い容量からの発売のようです。それに関しては別にOK。

ただこれまでの流れで行くと容量は3グレードとなっているので、32GB・64GB・128GBのいずれかの容量がカットされる可能性があります。

 

中間の部分なら良いですが、最も多い128GBがラインナップから外れると、microSD等の外部メモリが搭載できないiPhoneにとってはちょっと痛いかもしれません・・・。

Googleフォト」等を利用して、容量を工夫する必要がでてくるかもしれないですね!

 

関連記事|iPhone 6s / 6s plus の容量を増やす!?3つの裏ワザ

関連記事|Googleフォトに”バックアップ後一括削除機能”追加!更に便利に!

 

また、バッテリー容量が低下しているのも気になります。おそらく小型化&低価格化に伴って、内蔵リチウム電池のサイズが小さいものになるのでしょう。

ストレージ容量はまだなんとか誤魔化せますが、バッテリー容量の低下は使い勝手が悪くなるのでマイナスですね。。。

 

まして、性能の向上と共に消費電力も増加するのが電気機器の宿命ですので、大きさ的には使いやすくなったけど充電の回数的には使いにくくなりそうです・・・。

参考までに、「iPhone6S」のバッテリー容量は1,715mAh、「iPhone6」のバッテリー容量は1,810mAhとなっています。

 

 

スポンサードリンク


 

『iPhone6C』は小型のiPhoneが欲しかった人には良いかも

ということで『iPhone6C』のスペックや発売日についてまとめてみました。

 

スマートフォン市場に限らず、液晶テレビやタブレット等、デジタル家電業界は"画面の大型化"がトレンドとなっています。

それに合わせてスマートフォンもGalaxyNoteiPhone6 plus / 6S plusのように、どんどん大型の機種が増えてきました。

 

確かに画面が大きいと一度に得られる情報量が多かったり、映画等の動画を見るときに見やすく迫力があったりとメリットは多いのですが、

やはり日本では「スマートフォン=携帯電話」という印象・使い方が多い以上、ある程度の大きさじゃないと「持ちにくい」「使いにくい」という要素の方がが目立ってしまう様です。

 

これらの理由で未だiPhone5シリーズやiPhone4シリーズをあえて使っているユーザーも多いと思います。

確かに、一部の機能が削除されたりバッテリー容量が低下しているというデメリットはありますが、ちょうど良いサイズで更に性能が上がったiPhone(しかも安い)を探していた方にとっては、今回のニュースは朗報ではないでしょうか?

価格もiPhone6Sの半額くらいで安いですしね!

 

ただ、例年の流れで行くと今年の秋ごろには次期モデルの新型『iPhone7』が発売される可能性が高いです。

噂によると『iPhone7』も小型化されると言われているので、もし待てるのであれば『iPhone6C』よりも『iPhone7』の方が良いかもしれませんね!

 

スポンサードリンク


 

最後までお読み頂きありがとうございます!

このブログに貴重なお時間を使って頂いて、とても嬉しいです。

この記事が面白かった・役に立ったという方は、是非ツイッターやフェイスブックでシェアしてくださいね!

また、ブログランキングにも参加しましたのでクリックしてもらえると喜びます。

それではまた是非遊びに来て下さい!ありがとうございました!

 
photo by:

-iPhone関連, ガジェット
-, , ,