アプリ その他

Amazonプライムフォト開始!Googleフォトとの違いは?おすすめはどっち?

2016/07/07

prime-photo

Amazonプライム会員に、またも新サービスの追加です!
その名も『プライム・フォト』!
名前で気づく人も多いと思いますが、そう、あの「Googleフォト」と同じような「クラウド型写真保存サービス」です!
今回はGoogleフォトとの機能の違いや、どちらがおすすめなのか、まとめていきたいと思います!

 

Amazon『プライム・フォト』の詳細

Amazonは本日21日より、プライム会員向けの新サービス、「プライム・フォト」を開始しました。

アメリカでは2014年の11月と、かなり前からサービスが開始されていましたので、日本ではちょっと遅いスタートですね・・・。

 

プライムフォトは、自身のPCやスマホに保存してある画像を、Amazonのサーバーに保存(バックアップ)することが出来るというもので、同じような他社のサービスでGoogleの「Googleフォト」などが有名です。

関連記事|Googleフォトに”バックアップ後一括削除機能”追加!更に便利に!

 

同じくGoogleの「Google Drive」や、マイクロソフトの「One Drive」、そしてAppleの「i cloud」や「DropBox」といった、いわゆるクラウドストレージサービスとほぼ同じですが、"保存できるのは写真(+動画)のみ"という点がこれらのサービスとは異なっています。

ちなみにAmazonでも「Amazon Cloud Drive」という同様のものがあります。

 

画像の保存に特化している分、こういったクラウドストレージサービスと違って、基本的に保存できる容量に制限が無いのが特徴です。

ですので、PCというよりスマホ、特にMicroSDといった外部メモリが使用できないiPhoneユーザーにとっては、まさに神アプリといえるでしょう。

 

プライム・フォトはAmazonの有料会員サービス「Amazonプライム会員」または「AmazonStudent」であれば無料で利用できます。

プライム会員の料金は年会費制で、金額は3,900円となっています。

学生の場合は「AmazonStudent」として、なんと1,900円で利用可能です。

 

Amazonは昨年頃から自社の有料サービス、「プライム会員」および「Amazon Student」の特典を充実させてきました。

これまでに追加されているサービスをまとめてみると、

  • お急ぎ便無料サービス
  • プライム会員限定セール(プライムデーなど)
  • 各種セールのプライム会員先行販売
  • Kindleで対象の本から毎月1冊無料で読むことが出来る
  • 動画見放題サービス「プライム・ビデオ」
  • 音楽聴き放題サービス「Prime Music」
  • 一部商品を最短で注文から1時間以内に配送する「Prime Now」(一部の地域のみ)

そしてこれに今回の「プライム・フォト」が追加となりました!

もともとお得だったのが、サービス追加で更に使いやすくなった感じですね!

 

そんな「プライム会員」「Amazon Student」ともに、半年間無料でお試しが可能です。

会員になると上記のように沢山の特典が受けられるので、無料期間で楽しむだけ楽しんで解約するのもありかもしれません。
>Amazonプライム会員無料お試しはこちら

>Amazon Student 6ヶ月無料お試しはこちら

気になっている方は一度ためしてみるのがオススメです。きっとハマりますよ~。

 

 

スポンサードリンク


 

Googleフォトとの違い

さて、サービス開始となった「プライム・フォト」ですが、既に利用している人も多いと思われる「Googleフォト」とは具体的にどういった点が違うのでしょうか?

わかりやすく表にしてまとめてみたいと思います。

 

プライム・フォト Googleフォト
利用料 有料(プライム会員費のみ) 無料
保存容量 無制限(ただし写真のみ) 無制限(ただし画質劣化、高画質の場合は15GBまで)
保存できる形式 すべての形式 RAW、PNGは設定により可能

GIFは不可

 対応OS Windows、Mac、Android、iOS 同じ
 自動保存機能 有り 同じ
その他の機能 特に無し バックアップ後の一括削除機能、オリジナルコンテンツ作成機能

 

このような感じとなりました。

プライムフォトの一番の特徴は、なんといっても”画質を下げることなく無制限で保存可能”ということでしょう!

Googleフォトの場合、無制限で保存するためには画質をGoogleに任せなければいけません。

一応1600万画素までは無圧縮で保存してくれるようですが、それ以上のものだとオリジナルの画質で保存出来るのは15GB(Google Driveの容量)までとなっています。

 

保存できる形式に制限がない(ただし、画像に限る)というのもメリットの一つです。

Googleフォトでは保存できないGIF形式の画像や、圧縮されてしまう可能性の高いRAW形式(高画質の画像ファイル)の写真などもそのままのクオリティで保存できます。

 

ただしデメリットもあります。

一つは”無制限で保存出来るのは写真(画像)だけ”ということ。

Googleフォトだと、画質は劣化しますが写真だけでなく動画も無制限で保存できます。

対してプライム・フォトだと無制限で保存できるのは写真だけで、動画やその他のファイル(PDF等)は合計5GBまでしか保存できません。

フォトという名前の通り、完全に写真に特化しているサービスですね。

 

また、Googleフォトのように”バックアップ後に元のデータを一括削除してくれる機能”や、”バックアップした写真や動画を元に、オリジナルムービーなどを作ってくれる機能”もありません。

この辺りは好みが分かれそうです。

 

スポンサードリンク


 

プライム・フォトとGoogleフォト、選ぶならどっち?

ということで、Amazonプライム会員の新サービス、「プライム・フォト」についてお伝えしました。

Googleフォトと同じように見えて、比べてみると結構違いがあることがわかりますね。

 

プライム・フォトとGoogleフォト、選ぶならどっち!?ということですが、筆者は現時点では「Googleフォト」を選びます!

理由ですが、まず筆者が使っているiPhoneやデジカメの写真はすべて1600万画素以下のものしか無いということが一つ。

そしてもう一つは、ムービーをよく撮るので、動画も無制限で保存できないときついということ。

この2つを考えると、Googleフォトしか今のところ選択肢がないんですよね。

 

先程も記載しましたが、最近のアップデートで追加された"一括削除機能"も便利ですし。

関連記事|Googleフォトに”バックアップ後一括削除機能”追加!更に便利に!

 

ただ、プライム・フォトはまだ日本でサービスインしたばかりなので、これからのアップデートでどのような機能が追加されて便利になっていくのか楽しみです。

内容次第で乗り換えるかもしれません。

 

また、本格的に写真を扱っている人は言うまでもなくプライム・フォトのほうが良いです。

写真にこだわりがある人はプライム・フォト、一般的なスマホユーザーはGoogleフォトがおすすめといった感じでしょうか。

写真はプライム・フォトに、動画はGoogleフォトにというような二刀流・ハイブリッドな使い方も有りかもしれません!

 

 

ちなみにプライム・フォトは現在サービス開始記念キャンペーンを行っています。

※追記:キャンペーンは終了しました!!

 

prime-photo-campaign

2/14のバレンタインデーまでにプライム会員として利用すると、カメラやクーポンが当たるようですので、Googleフォトをメインで考えている人も一度利用してみると良いかもしれません。

プライム会員のメリットはプライム・フォトじゃなく、動画や音楽が聴き放題という点にあると思っています!

 

 

 

スポンサードリンク


 

最後までお読み頂きありがとうございます!

このブログに貴重なお時間を使って頂いて、とても嬉しいです。

この記事が面白かった・役に立ったという方は、是非ツイッターやフェイスブックでシェアしてくださいね!

また、ブログランキングにも参加しましたのでクリックしてもらえると喜びます。

それではまた是非遊びに来て下さい!ありがとうございました!

 

-アプリ, その他
-, , ,