2016年次のRJCカーオブザイヤーがアルトに決定!スズキが2年連続受賞に

2015/12/06

alto12016年次のRJCカーオブザイヤーがスズキの『アルト』シリーズに決定しました!

スズキは昨年度の『ハスラー』に続いて、2年連続の受賞となり、トータルでは6回目の受賞となります!

 

2016年次RJCカーオブザイヤーを受賞したアルトの詳細

さて、今回見事受賞となったスズキの『アルト』シリーズですが、主な受賞のポイントは「低燃費」と、数種類のアルトシリーズによる「選択肢の広さ」が決め手となったようです。

 

アルトはハイブリッドもびっくりな1リッターあたり37kmという驚異的な低燃費を誇りながら、車両価格が84万円台からと低価格なのが特徴となっています。

また、低価格ながら、様々な装備(一部グレードはオプションですが)が付いており、

 

alto-soubi

 

非常にお買い得な車種となっております。

 

グレード以外にも、「アルトRS」や「アルトラパン」といった派生車種もあり、

 

alto2

img_564366d16be04

 

選択肢の広さも魅力の一つとなっています。

また、東京モーターショー2016で発表されましたが、「アルトワークス」も発売が決定していますので、

 

works

 

【スズキ】関連記事|新型アルトワークスの発売が決定!待望の復活!

更にラインナップが強化されることとなります!

(ただ、RSと購入ユーザー層が被りそうな気がしますが・・・)

 

アルトはこの他にも基本的な運動性能が高くよく出来た車と評価も高いので、受賞も納得できる感じでしょうか。
 

スポンサードリンク


 

ロードスターは2位!2016年次RJCカーオブザイヤーベスト6

2016年次RJCカーオブザイヤーの最終のベスト6に選ばれた車種は以下の通りです。

  • スズキ アルトシリーズ
  • マツダ ロードスター
  • 日産エクストレイルHYBRID
  • ホンダS660
  • マツダCX-3
  • トヨタ シエンタ

個人的な予想はロードスターが受賞だと思っていましたが、ロードスターは僅差で2位だったようです。

ただ、マツダはCX-3と合わせて2車種でベスト6に選ばれていますので、やはり鼓動デザイン+SKYACTIV-Dを導入してから調子が良いですね!
 

スポンサードリンク


 

RJCカーオブザイヤーに強いスズキ 日本カーオブザイヤーでも受賞なるか?

ということで2016年度のRJCカーオブザイヤー大賞はスズキの『アルト』シリーズに決定しました!

 

2015年度の『ハスラー』での受賞に続いて2年連続となるスズキ。

hustler

 

RJCカーオブザイヤーでは最近絶好調なスズキですが、来月発表となる日本カーオブザイヤーではどうなるのか!?

 

 関連記事|日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016 ベスト10が発表!

 

対して今回2位だったマツダは日本カーオブザイヤーで強いイメージがありますが、RJC同様またロードスターとアルトで1位2位を争うことになるのか!?

 

これは来月の結果が非常に楽しみですね!

 

スポンサードリンク


 

最後までお読み頂きありがとうございます!

このブログに貴重なお時間を使って頂いて、とても嬉しいです。

この記事が面白かった・役に立ったという方は、是非ツイッターやフェイスブックでシェアしてくださいね!

また、ブログランキングにも参加しましたのでクリックしてもらえると喜びます。

それではまた是非遊びに来て下さい!ありがとうございました!

 

-
-, , , ,