買うならどっち?ハイブリッドとディーゼルの違いを比較してみた

2016/04/08

ハイブリッド車とディーゼル車、貴方は買うならどちらを選びますか?

hybrid-diesel

プリウスやアクア、そしてフィットを始め、日本は他国に比べて続々とハイブリッド車のラインナップが増えています。

エコで経済的。そしてハイテク感や高級感も人気の秘密です。

 

一方、マツダのCX-5以降、クリーンディーゼルも国内で評価され始め、今やベンツやBMW、更には不正で話題になったフォルクスワーゲン等、各社ディーゼル車を導入し始めています。

国産では、最大手のトヨタもマツダと技術提供し、ディーゼルエンジンを自社に取り組もうとしていますよね。

 

でもハイブリッドとディーゼルって、それぞれどんな特徴があって、どっちが良いのでしょうか?

今回はそんなハイブリッドとディーゼルの違いを簡単にわかりやすく(たぶん)比較・まとめてみました。

ハイブリッド車とディーゼル車で購入を迷っている方のお役に立てれば幸いです!

 

そもそもハイブリッドってどんなの?

ハイブリッドとは

ハイブリッドとは一言で言うと、 ”別々なものを組み合わせたもの” のことです。

ハイブリッドと聞くと、一般的には”ハイブリッドカー”を思い浮かべる方も多いと思いますが、そもそもは車のことを指す言葉ではないんです。

別々なものを組み合わせた事を指すので、例えば、じゃがいもとトマトを組み合わせた野菜の”ポマト”や、トラとライオンを掛けあわせて誕生した”ライガー”等もハイブリッドと言えます。

自動車で使われるハイブリッドとは、”ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせた動力機関を持つ車”の事をいいます。

 

ハイブリッドのメリット

ハイブリッドのメリットとして、皆さん知っている通り燃費の良さが第一に挙げられます。

これは単純で、ガソリンエンジンだけで駆動するのではなく、状況に応じてモーター駆動も織り交ぜることができるからですね。

当然ですがモーター駆動の間はガソリンエンジンは停止しているので、燃料(ガソリン)が消費されません。その為、燃費が良くなるわけです。

 

また、モーターの特性としてトルクがフラットな為、モーター走行時はガソリンエンジンよりもスムーズで早い加速が得られます。

更に、上記の通りモーター駆動の間はエンジンが停止しているので、エンジン音がしない=静かで快適な環境で運転することが出来ます。ただしこれは後述しますがデメリットでもあります・・・。

 

スポンサードリンク

 

ハイブリッドのデメリット

では次に、ハイブリッドのデメリットについてまとめてみます。

まず第一に、ガソリンエンジン車に比べ、車両価格が高いということです。

意外と知らない人が多いかもしれませんが、ハイブリッドということでモーター駆動させるための巨大なリチウムイオン電池(もしくはニッケル水素)が内蔵されています

その為、電池の分価格がガソリン車よりおよそ30万前後高くなっています。結構な金額ですよね。

 

また、巨大な電池は主にトランクルーム近辺に埋め込まれているため、トランクやラゲッジスペースが狭く(小さく)なってしまいます。

さらにモーター駆動時はエンジン音がしなく、静かで快適な運転が出来るのがメリットの一つですが、これは歩行者からすると車が近づいているのがわかりにくいので、少々危険性が上がるデメリットでもあります。

 

そしてハイブリッド車は主に回生エネルギー(ブレーキでの減速時に発生するエネルギー等)を利用してモーターを充電し、走行に利用しているのですが、

この充電が切れると、巨大な電池を搭載しただけの非常に重い車になってしまい、結果燃費がガソリン車より悪くなるのです。。。

基本的にはブレーキを踏まないということはありませんが、例えば高速道路等を長時間走る場合等は注意が必要です。

主なハイブリッド車の例

トヨタ:プリウス、アクア、SAI、クラウン、ハリアー等

レクサス:CT、IS、LS、NX等

日産:スカイライン、フーガ、エクストレイル等

ホンダ:フィット、グレイス、ヴェゼル等

マツダ:アクセラ等

スバル:インプレッサ、XV等

BMW:3シリーズ、5シリーズ、7シリーズ等

ベンツ:Eクラス等

 

 

スポンサードリンク

 

そもそもディーゼルってどんなの?

ディーゼルとは

ディーゼルエンジンとは、1892年にドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明したエンジンの事で、大きな特徴として燃料に軽油を利用するがあります。

また、ディーゼルエンジンは一昔前だと排気ガスが環境・人体に悪影響を与えるということで規制されたりしていたので、悪いイメージを持っている方も多いと思いますが、

現在主流となっているのはいわゆる”クリーンディーゼル”と呼ばれるもので、こちらは上記の問題をクリアしている為、まったく問題のないエンジンになっています。

自動車で使用されているのは現在はクリーンディーゼルがメインで、過去のディーゼルエンジンは主に重機等に使用されています。ただし今後全てのディーゼルエンジンはメリットがなくなっていくので順次クリーンディーゼルに置き換わっていくと思います。

 

ディーゼルのメリット

クリーンディーゼルの特徴やメリットとして一番のアピールポイントが、トルクがガソリンエンジンの2倍ほどあるということです。

トルクが大きいとどうなるのかと言うと、一番わかり易いのはパワーがあることによる力強い加速です。

ディーゼルの特性として低回転で大きなトルクがありますので、例えば信号が青になってからのスタートや高速での合流時に、アクセルを軽く踏む(=低回転)だけで力強い加速が発生

結果、簡単に車が押し出され、気持ちの良い加速やスムーズな合流・車線変更が可能となります。これは本当に凄いです。

 

また、意外と知られていませんがエンジンが低回転ということは、使用する燃料も少ないということです。

燃料の消費が少ないだけではなく、ディーゼルエンジンは軽油を使用しています。軽油はレギュラーガソリンより1リッターあたりおよそ30円程安いです。

つまり、ハイブリッドと同等かそれ以上の燃費の良さもディーゼルエンジンの大きな特徴です。

 

更に、クリーンディーゼル補助金が貰えます

これは車種等によって金額が違いますが、ハイブリッドでは補助金はでないので嬉しいですね。

 

 

スポンサードリンク

 

ディーゼルエンジンのデメリット

ではディーゼルエンジンのデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

まずはハイブリッドと同じく、車両価格が高いということです。ガソリン車に比べ、およそ30~40万円程高くなります。

 

また、ディーゼルエンジン自体がガソリンエンジンと比べ重量がある為、車重が重くなってしまいます

運転時はディーゼルエンジンの特徴であるトルクがありますので気になりませんが、例えばタイヤ交換時のジャッキアップ等では苦労するかもしれません。

 

それと、ディーゼルエンジン独特のカラカラ音がします。

これは気にならない人は全く問題ありませんが、神経質な人にはちょっとマイナスかもしれませんね。

ただし気になるのはアイドリング中のみで、走行中は音がしなくなるのでわかりません

 

主なディーゼル車の例

マツダ:CX-5、アテンザ、アクセラ、デミオ、CX-3等

トヨタ:ランドクルーザープラド等

三菱:デリカ等

日産:エクストレイル(旧型)等

BMW:3シリーズ、5シリーズ等

ベンツ:Eクラス等

Mini:クロスオーバー等

ボルボ:V40、V60等

 

 

スポンサードリンク

 

ハイブリッドとディーゼルの比較・おすすめについて

ハイブリッドとディーゼルの比較

それではハイブリッドとディーゼルを比較してみましょう。

 

  • 燃費・・・これは同等とします。車種によってはどちらも相手より上のものがあります。
  • 車両価格・・・これも同等でしょう。共に30万~40万ほどガソリン車より高いです。
  • 乗り心地・・・これは振動や静音性を考え、ハイブリッドの勝ちとします。
  • 運転の楽しさ・・・これは余裕でディーゼルの勝ちです!トルク感が凄い!
  • 利便性・・・これは電池などを積んでいない分、ディーゼルのほうが有利だと思います。

こんな感じでしょうか。

 

ハイブリッドとディーゼル、まとめるとどちらがオススメなのか

ハイブリッドとディーゼル、どちらがオススメなのか・・・。

これは利用する環境によって変わりますので、結局は人それぞれだと思います。

 

選ぶ際のポイントとして、2つに共通しているのはどちらも燃費が良いということ。ただし燃費が良くなるシーンは真逆です!

 

ハイブリッドは電池が充電されていればエンジンを使わないので、燃費がとってもいいです。

ただし空っぽの状態ではただの重い車になってしまうので、定期的に充電できるようなストップ&ゴーの多い市街地での利用が向いています。

 

逆にディーゼルは充電などは不要ですが、ハイブリッドとは逆に信号の多い市街地でのストップ&ゴーを何度も繰り返すよりは、

一定の回転数で走り続けられるような高速道路や、パワー(トルク)が必要な坂道や山道等のワインディングロードに向いています。

 

なので燃費で購入を検討しているのであれば、どういった場所をメインで運転するのかで選べば良いと思います。

どちらも燃費が良いのは間違いないです。

 

また、快適性や乗り心地を重視するならハイブリッド、運転の楽しさやスポーティーさを求めるならディーゼルが良いと思います!

特にディーゼルの大トルク感、これは言葉で説明するより実際に乗って貰ったほうがわかりますので、各社の試乗キャンペーン等をりようして一度乗ってみることをオススメします!

 

管理人がどちらかをオススメするなら、間違いなくディーゼルですね。

 

もし今ディーゼル(もしくはハイブリッド)車の購入を検討している場合、最近は中古車も様々なディーゼル車の在庫が整ってきています。

走行距離が少ないのはもちろん、美品で新品同様なのに新車よりもかなり安く購入できてお得なので、新車にこだわらなければ中古車がおすすめです。
>>ディーゼルの無料中古車検索はこちら<<

 

ちなみにモーター+ディーゼルエンジンのディーゼルハイブリッドなんてものもあります。

これはお互いのメリットを引き継ぎ、デメリットは消しあえるという現状最強な感じのエンジンですが、まだまだ搭載モデルが一部の高級車のみと少なく、価格も高いので私的にはまったく眼中にないですね・・・。

機会があれば乗ってみたいですが、近い将来そんな車が一般的に運転できるような時代になるのを楽しみに待っていようと思います!

 

スポンサードリンク

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

このブログに貴重なお時間を使って頂いて、とても嬉しいです。

この記事が面白かった・役に立ったという方は、是非ツイッターやフェイスブックでシェアしてくださいね!

また、ブログランキングにも参加しましたのでクリックしてもらえると喜びます。

それではまた是非遊びに来て下さい!ありがとうございました!

 

-
-, ,